相性はどう?ベルブランと化粧水は併用しても良いの?

相性はどう?ベルブランと化粧水は併用しても良いの?

 

 

相性はどう?ベルブランと化粧水は併用しても良いの?

 

 

ニキビ跡のケアが出来る美白作用のある美容液、ベルブランが人気です。

 

 

ベルブランは美容液なので、化粧水と併用しても良いのでは?という疑問を持っている人もいるかもしれませんね。

 

 

ベルブランと化粧水の併用はOKです!

 

 

ただしベルブランは「ブースター型導入液」と呼ばれ、一般的な美容液とは使い方が少し異なります。

 

 

ベルブランは使用する順番が大切なので、それをきちんと守りらないと効果が半減してしまいます。

 

 

・ベルブランの正しい使い方

 

 

1.クレンジング

 

 

まずはクレンジングで、メイク汚れや皮脂などの余分な汚れを落とします。

 

 

その際に、洗浄力が強すぎるとかえってニキビトラブルを招く原因となりますので、ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングで落とすのがベストです。

 

 

2.洗顔

 

 

次に優しく、ニキビを刺激しないように洗顔をします。

 

 

3.ベルブランをつけます。

 

 

タオルで軽くふき取った後、すぐにベルブランを手のひらに4〜5プッシュ分取り、お顔に優しく浸透させます。

 

 

この時のポイントは、普段使っている化粧水や美容液を使用する前に、ベルブランを使用するのが正しい使い方です。

 

 

油溶性甘草エキスが配合されているベルブランは、浸透力がよくいつも使っている化粧水や美容液を肌の奥まで浸透させる作用があり、これらの効果を最大限に引き出すことが期待できます。

 

 

伸びが良いので4〜5プッシュしてもサラッとお肌になじみ、べたべたした感じはありません。

 

 

4.化粧水や美容液をつけます。

 

 

ベルブランを使用した後に、化粧水や美容液などでさらにケアしておきましょう。

 

 

4.乳液をつけます。

 

 

乳液でしっかり保湿することで、ベルブランや化粧水の成分の蒸発を防ぐことができます。

 

 

5.クリームを塗ります。

 

 

ただしクリームは油分を含んでいるので、脂性肌の方は薄目に塗るようにしましょう。

 

 

乳液の方が油分は低いので、お肌の脂分が気になる場合には、自分の肌に合わせてどちらかを使い分けても良いでしょう。

 

 

・コットンパックのオススメ

 

 

ニキビ跡の赤みがひどいときや、肌荒れがひどいときには、コットンに精製水を染み込ませた後にベルブランを加え、コットンを肌に乗せて3分ほど放置しておくといいですよ。

 

 

ベルブランをこのように、より効果的に使う方法もあります。

 

 

肌荒れをケアして、ニキビ染みのない美肌へと改善しましょう。

 

 

・まとめ

 

 

ベルブランの基本的な使い方は、朝と夜の1日2回です。

 

 

ただし使用したからといって、すぐに効果が出るものではありません。

 

 

肌のターンオーバーは一般的に28日といわれていますので、最低でも1ヶ月は継続して使用しましょう。

 

 

ニキビ跡には肌のターンオーバーが必要ですが、ニキビそのものやお肌の状態に関しては、もう少し早く効果が出るかもしれません。

 

 

口コミを見ると「1週間で肌の状態が良くなり、化粧ノリが良くなった」「赤みが薄くなってニキビが目立たなくなった」「肌が明るくなった気がする」などの声があります。

 

 

 

 

ベルブランオフィシャルサイトはこちら
ベルブランオフィシャルサイト

 

 

 

びっくり!ベルブランにはこんな意外な効果が・・・!