すぐに表れる?ベルブランの効果が出るまでの期間は?

すぐに表れる?ベルブランの効果が出るまでの期間は?

 

 

すぐに表れる?ベルブランの効果が出るまでの期間は?

 

 

ベルブランを使用するにあたって知っておきたいのは、効果が出るまでの期間についてですよね。

 

 

ここでは、それについてお知らせします。

 

 

さて、ベルブランは医薬部外品に分類されます。

 

 

医薬部外品というのは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されている製品のことです。

 

 

医者が処方する医薬品が治療目的なのに対して、医薬部外品は防止や衛生を目的に作られたものです。

 

 

そのため即効性に関しては医薬品ほどはないのですが、継続して使用することでその効果を発揮してきます。

 

 

ベルブランには肌荒れ・荒れ性、にきび防止、日焼けによるシミ・ソバカスの防止、皮膚の殺菌などに効果のある有効成分が配合されていますので、継続すればその効果が期待できます。

 

 

とは言えニキビ対策の美容液ですから、あまりにも長い期間効果が感じられないとなると、このまま続けていても意味があるのかなあ?と思ってしまいますよね。

 

 

効果には個人差もあると思いますが、大体どれくらいの期間があれば効果を実感出来るのでしょうか?

 

 

・ベルブランの効果が出るまでの期間

 

 

先ほども少しふれましたが、スキンケア化粧品は数日使っても効果が出ないのは当たり前なのです。

 

 

それでもベルブランは医薬部外品ですから、化粧品よりずっと効果的です。

 

 

ここでいう化粧品とは、医薬部外品と比較してさらに効能・効果がゆるやかで、清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つなどの目的で使用される製品のことです。

 

 

医薬部外品に認められている肌荒れ・荒れ性、にきびを防ぐ、皮膚の殺菌などの効能や効果は、化粧品では認可されていないため、化粧品のパッケージなどで表現することはできないのです。

 

 

医薬部外品であるベルブランが効果を発揮するまでには、最低でも4週間くらいはかかります。

 

 

それはなぜかと言いますと、お肌のターンオーバーと関係しているからなんですね。

 

 

・肌のターンオーバーについて

 

 

ターンオーバーとは肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりのことです。

 

 

人の皮膚は表皮、真皮、皮下組織から成っていて、さらに表皮は4層構造になっています。

 

 

表皮の基底層というところで生まれた細胞は表面に押し上げられ、やがて死んだ状態で角化細胞となります。

 

 

そしてこの細胞は、新しい細胞に押し上げられるようにして表面まで上がり、最後はアカとなって自然にはがれ落ちるという構造になっています。

 

 

このサイクルをターンオーバーと言います。

 

 

このように表皮は絶えず入れ替わっているため、表皮に傷がついてもかさぶたになってはがれ落ち、きれいな肌に生まれ変わるのです。

 

 

ターンオーバーの速度は、体の部位によって異なりますし個人差がありますが、およそ28日〜56日程度と考えられています。

 

 

一般的には加齢とともに新陳代謝が低下し、30代〜40代になるとターンオーバーには45日程度かかるといわれています。

 

 

年齢とともに、ちょっとした傷でも治りにくくなっていくのはそのためですね。

 

 

・まとめ

 

 

このようなことから考えて、ベルブランをたった数日つけただけで結果を求めるのには無理があります。

 

 

口コミを見ると1週間くらいでニキビがおさまり、1ヶ月くらいでニキビ跡が薄くなったという人もいます。

 

 

この口コミから分かるのは、ニキビそのものにはターンオーバーの前に効くようですが、ニキビ跡がきれいになるには、やはり1ヶ月くらいかかるのが普通だということです。

 

 

場合によっては、もっとかかってもおかしくはありません。

 

 

これから購入を検討しようと思っている人は、お得なお値段で購入できるベルブランの定期コースが便利ですよ。

 

 

定期コースと言っても回数に縛りはありませんから、解約はいつでもお電話で簡単にできるので安心です。

 

 

ニキビに悩んでいる人は、是非一度、ベルブラン美白美容液を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

びっくり!ベルブランにはこんな意外な効果が・・・!

 

 

 

 

噂のベルブラン、効果的な使い方とは?