クレーターに効果って本当!?ベルブランで凸凹になったニキビ痕は治るの?

クレーターに効果って本当!?ベルブランで凸凹になったニキビ痕は治るの?

 

 

クレーターに効果って本当!?ベルブランで凸凹になったニキビ痕は治るの?

 

 

ベルブランは赤みのあるニキビあとや色素沈着、ニキビの予防にも効果があります。

 

 

では、ニキビのために凸凹のクレーター状態になってしまったニキビ痕は治るのでしょうか?

 

 

お肌が凸凹になるとファンデーションのノリも悪くなり、仕上がりもさえない感じになってしまいますし、またメイクしても崩れやすくなってしまいますよね。

 

 

こんな状態になると少しでも早くケアするに越したことはありません。

 

 

そこでベルブランに関しての口コミで、凸凹になったニキビ痕にどんな効き目があったのか、あるいはなかったのか、まずは見てみる事にしました。

 

 

◆ベルブランの口コミは?

 

 

アットコスメでは「ニキビ跡のクレーターが薄くなりました」「毛穴が締まってきてクレーターが目立ちにくくなりました」などの声がありました。

 

 

ベルブランはニキビができにくいお肌にする予防効果もあり、またニキビそのものにも働きかけますが、どちらかといえばニキビ跡のケアに重点を置いた美白美容液です。

 

 

口コミでは、たくさんの人たちから高い評価を受けていました。

 

 

一方で、「肌の奥深いところにある真皮層まで傷ついてしまった場合は、修復が困難です」という声も。

 

 

そもそもニキビ痕の凹みが出来る原因は、ニキビの影響で角質層よりさらに深いところにある真皮層にまで傷がつき、そこにある皮膚の細胞を破壊したことによるものです。

 

 

一度傷ついてしまった真皮は、もう元通りになることはないのです。

 

 

綺麗になったように見えても、実際には目立たなくなっているだけのことがほとんどなんですね。

 

 

そのため長期化すればするほど治りにくくなるニキビ痕は、深刻化しないようにできるだけ傷の浅いうちに対処しておかなければいけません。

 

 

表皮はバリア機能とターンオーバーの役割をはたしますが、真皮の役割は、お肌のハリや弾力を保つことです。

 

 

さらに、真皮内の毛細血管によって栄養素と酸素を皮膚のすみずみにまで届けることが真皮の役割なんですね。

 

 

真皮の状態が、やがてはシワやたるみへと大きく関係してくるのです。

 

 

そういった意味でも、真皮層はエイジングケアにも大切な存在だと言えます。

 

 

大事な真皮層を傷つけてしまうことになりかねないニキビは、たかがニキビ、されどニキビですから、甘く見ないできちんとケアすることが非常に大切だということが分かりますね。

 

 

◆まとめ

 

 

ニキビを悪化させないためにはベルブランでケアする事が大切ですが、それだけではなく、根本的にニキビ肌を改善するような生活習慣の見直しをすることなども大切です。

 

 

ベルブランで凸凹になったニキビ痕は治るのかどうか、それは真皮層まで傷ついているか、表面の角質層でとどまっているかにかかっているようです。

 

 

角質がニキビによって固くなってデコボコしたクレーター状態に見えるものなら、真皮にまで達してないので、ベルブランで治せる可能性があるということです。

 

 

 

ベルブラン公式通販サイトはこちら
ベルブラン激安通販ショップ