【調べてみた】ベルブランにはビタミンCが配合されている?

【調べてみた】ベルブランにはビタミンCが配合されている?

 

 

 

 

【調べてみた】ベルブランにはビタミンCが配合されている?

 

 

一口にビタミンCといっても、それには種類があります。

 

 

ベルブランには、ニキビ跡に効くといわれるビタミンC誘導体が配合されています。

 

 

しかし成分表を見ても、どこにもビタミンCという文字は見当たらないのです。

 

 

その理由は、化粧品の成分表示では、ビタミンC誘導体は専門用語で表記されるからなんですね。

 

 

ベルブランに配合されているのは水溶性ビタミンC誘導体ですが、化粧品の成分表示では、ビタミンC誘導体は専門用語で表記されますので、3-O-エチルアスコルビン酸という表示になっています。

 

 

水溶性ビタミンC誘導体というのは、短時間でお肌に吸収される種類で、他のビタミンC誘導体に比べて即効性が高く、効果が持続することが特徴です。

 

 

その効果には、ニキビ跡の改善や美白、繰り返すニキビ改善やニキビができにくいお肌にする、凹凸になったお肌の改善やハリの改善など、様々な働きがあります。

 

 

3-O-エチルアスコルビン酸は、美白の効果がある医薬部外品として、化粧品に使用することが認められている成分です。

 

 

それがベルブランに配合されていることでニキビ跡のシミの改善に働き、ニキビ跡の赤くなったお肌や、紫外線によってできたシミなどに早い効果を発揮します。

 

 

ベルブランは医薬部外品となります。

 

 

このような理由から、ビタミンC誘導体は、ニキビとニキビ跡の両方に早く結果が出るようにするために使われているものです。

 

 

そしてまた、ビタミンC誘導体には種類があります。

 

 

ベルブランに配合されているような水溶性ビタミンC誘導体と、脂溶性ビタミンC誘導体に分類されます。

 

 

それぞれどういった特徴があるのか見ていきましょう。

 

 

・水溶性ビタミンC誘導体

 

 

化粧水に配合するのに適しています。

 

 

ニキビができやすく毛穴が詰まりやすい、脂性肌や混合肌の人に適しています。

 

 

<メリット>

 

 

即効性があってお肌に素早く浸透します。

 

 

オイル系が苦手な脂性肌の人には使いやすいですね。

 

 

<デメリット>

 

 

持続性が少ないのと、保湿力が少ないのが弱点です。

 

 

・脂溶性ビタミンC誘導体

 

 

トロットした感じがあるので、美容液やクリームへの配合に適しています。

 

 

保湿力があるので、乾燥肌の人に向いています。

 

 

<メリット>

 

 

効果の持続性が高いこと、浸透力があることです。

 

 

<デメリット>

 

 

即効性はなく、浸透するのに時間がかかります。

 

 

脂性肌の人には、ベタつきを感じることがあるでしょう。

 

 

・まとめ

 

 

このように同じビタミンC誘導体でも、水溶性と脂溶性ではかなり性質が違いますね。

 

 

ベルブランは、どんな人がどんな目的で使うのかを考えて作られたものなので、説明をよく読んでから購入するかどうかを決めるといいですね。

 

 

 

ベルブラン公式通販サイト
ベルブラン激安通販サイトはこちら