【知っておくと役立つ!】ベルブランは医薬部外品?

【知っておくと役立つ!】ベルブランは医薬部外品?

 

 

【知っておくと役立つ!】ベルブランは医薬部外品?

 

 

結論から先に言うと、ニキビケア専用の美容液ベルブランは医薬部外品です。

 

 

しかし分かっているようで意外に分かっていない医薬部外品という言葉を、ここで少しおさらいしてみましょう。

 

 

・医薬部外品ってどういう意味?

 

 

一般的なスキンケア用品は薬事法により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類されます。

 

 

それによって効果・効能の範囲が明確に分かれているのです。

 

 

医薬部外品は、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。

 

 

医薬品が治療目的なのに対して、医薬部外品は防止や衛生を目的に作られたものです。

 

 

そのため肌荒れ、荒れ性、にきびを防ぐ、日焼けによるシミやソバカスを防ぐ、皮膚の殺菌など、それぞれ効果のある有効成分が配合されていますので、その効果が期待できます。

 

 

ついでに言うと化粧品とは、医薬部外品と比較してもさらに効能や効果がゆるやかで、清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つなどの目的で使用される製品です。

 

 

医薬部外品に認められている肌荒れ、荒れ性、にきびを防ぐ、皮膚の殺菌などの効能・効果は化粧品では認可されていないため、化粧品のパッケージなどに表示することはできないのです。

 

 

・ニキビに即効性があるのは?

 

 

とすると、ニキビに一番即効性があるのは医薬品ではないの?と私たちは思いますよね。

 

 

実はその通りで、一般的に最もニキビに即効性があるのは皮膚科の薬です。

 

 

それには抗生物質・ビタミン剤・ホルモン剤が多く配合されています。

 

 

そのため化膿や炎症を起こしたニキビや、赤く腫れてしまったニキビ、細菌により症状が悪化したニキビには、改善効果や即効性が高く働きます。

 

 

・ベルブランでニキビが出来にくい体質に?

 

 

しかしニキビを根本的な原因から改善し、ニキビが出来にくい肌質にするには、医薬部外品がいいと思われます。

 

 

医薬部外品には、消炎・抗炎症作用のある成分や殺菌・抗菌成分、角栓柔軟性・除去成分、皮脂分泌抑制成分など、多くのものが配合されています。

 

 

そのためニキビを一時的に改善するだけではなく、ニキビが出来る根本原因を取り除き改善出来る有効成分が、皮膚科で処方される薬と比べるとより多く配合されているからなんです。

 

 

ベルブランに配合されているグリチル酸2Kには、強い消炎作用・抗アレルギー・抗炎症・ニキビ予防などの効果があります。

 

 

また、ベルブランのトラネキサム酸には、抗アレルギーや抗炎症作用のほかに美白効果もあります。

 

 

このような理由から、ニキビを根本的に治療をしたいという場合は、医薬部外品のベルブランが向いています。

 

 

 

ベルブラン公式通販サイト
ベルブラン激安通販サイトはこちら