【ニキビケアにはどっちがおすすめ?】ベルブランとベルリアンの違いについて

【ニキビケアにはどっちがおすすめ?】ベルブランとベルリアンの違いについて

 

 

【ニキビケアにはどっちがおすすめ?】ベルブランとベルリアンの違いについて

 

 

ベルブランとベルリアン、ちょっと似たような名前ですが、どちらもニキビやニキビ跡のケアとして販売されています。

 

 

いずれも株式会社あいびから発売されたもので、ベルブランが美容液なのに対して、ベルリアンは化粧水です。

 

 

ではその両者の違いは何なのか、比較してみました。

 

 

・ベルブランの特徴

 

 

おもにニキビ跡のケア用として作られていますが、ニキビを改善&予防する成分も入っていますので、ニキビ肌を改善するとともにできにくくする働きもあります。

 

 

使い方は、洗顔後の水分をふき取った後のお顔に最初につけ、そのあとはお手持ちの化粧水やクリームでこれまで通りのお手入れをします。

 

 

1ヶ月分がプッシュ式の容器に入っていて30mlとなっています。

 

 

もしもお肌に合わなかった場合には、14日間の返金保証がついていますので、安心して使ってみることが出来ます。

 

 

定期コースでお得に購入できますが、定期コースにありがちな回数の縛りがありませんから、いつでも解約できます。

 

 

・ベルリアンの特徴

 

 

おもに赤ニキビに効果的ですが、ニキビ跡をケアする成分も入っています。

 

 

使い方は、通常の化粧水として使用しますので、そのあと乳液やクリームなどで今まで通りのお手入れをします。

 

 

1ヶ月分が1本の容器に入り80mlですが、美容液に比べて化粧水は1回でたくさん使うので、1ヶ月で使い切るタイプです。

 

 

お値段は、ベルブランより700円ほど高いようです。

 

 

60日間の返金保証がついていますので、万が一お肌に合わなかった時でも安心です。

 

 

ベルブランと同じくお得に購入できる定期コースがありますが、最低でも4回は購入する必要があり、それ以降ならいつでも解約できます。

 

 

・ベルブランとベルリアンの違いのまとめ

 

 

美容液のベルブラン、化粧水のベルリアンですから種類が違いますね。

 

 

配合されている成分もかなり違っています。

 

 

そのため2つを併用して使うと良いのですが、2本ともとなれば、かなりお値段が張ります。

 

 

そこでニキビ跡が気になる人はベルブラン、赤ニキビが気になる人はベルリアンと、症状に応じてどちらかを選択するのもいいでしょう。

 

 

ニキビ跡、赤ニキビのどちらも気になる人が併用する場合は、最初にベルブランを付けてからベルリアンをつけるという順番で、後は通常の乳液やクリームなどのお手入れで大丈夫です。

 

 

またベルブランには薬用の美白成分が配合されているのに対して、ベルリアンには配合されていません。

 

 

・ベルブランとベルリアンの共通点のまとめ

 

 

肌に刺激のある成分は一切配合されておらず、無添加なのでデリケートなお肌の人にも安心して使用できます。

 

 

油分は配合されていません。

 

 

お肌をしっかり保湿する成分が配合されていますので、潤いのあるお肌にしてくれます。

 

 

そして、どちらも効能効果を認められた「医薬部外品」です。

 

 

 

ベルブラン公式通販サイト
ベルブラン激安通販サイトはこちら