【徹底調査】ベルブランって効くの?効かないの?

【徹底調査】ベルブランって効くの?効かないの?

ベルブランって効かないの?

 

 

ニキビに効果のある美容液として評判のベルブラン。
アットコスメやメディアでも口コミや評価が高いことで有名ですよね。

 

 

約82%の方が満足したと評価をする一方で、残りの方は効果がなかったり、満足できなかったということになりますね。
では、効果がなかった・満足できなかった方の評価を検証してみましょう。

 

 

・まず、お肌に合わなかった人。

 

これはどんな高級な美容液だとしても評判の良い化粧水だとしても、個人によって合う合わないがあるのは仕方のないことです。
ベルブランは無添加・無着色で、アルコール不使用のお肌に優しい美容液ですが、個人差があるのでお肌に合わない方も中にはいらっしゃいます。

 

このような人にとっては、ベルブランは「効かない」ということになりますね。

 

 

しかし定期コースで購入の場合は14日間返金保証がついていますので、万が一合わなかった場合も対応していただけるので安心です。

 

 

・そして効果がなかったと評価されている人。

 

ここがポイントです。
ベルブランはメラニンの生成を抑制し、色素沈着を防止し、保湿効果を与え、肌の再生を活性化させることで、潤いのあるお肌になります。
ベルブランは赤みニキビ、色素沈着したニキビ跡、ポツポツニキビなどにも効果があります。
継続して使用することで新陳代謝が向上され、お肌をもとの状態にしてくれます。

 

 

しかし、いくらベルブランと言えども、ニキビが完全にクレーターになってしまった場合には効果が少ないようです。
その理由は、ニキビは治っているけれど、肌の真皮層という組織まで破壊されてしまっていると、肌を元通りにすることは不可能だからです。
真皮層は、肌表面の角質層のさらに奥にある組織です。
いくらベルブランで新陳代謝を活発にさせて肌の再生を促しても、完全に破壊された組織を復活させることはできないのです。

 

このような状態の人には、ベルブランは「効果がなかった」となるでしょうね。

 

 

・効果があった人。

 

ただし、ときにニキビのあるところの角質がニキビのために固くごわごわになって、ボコボコのクレーター状態のように見えるものがあります。
このようにしてできた、まだ真皮層までいっていないクレーターであれば、ベルブランで改善は望めます。

 

つまり、このような状態の人が使用するとベルブランが「効いた」となるのですね。

 

 

真皮層までいっているクレーターかそうでないかは、私たちがパッと見ただけでは判断が難しいと思います。
肌のターンオーバーを過ぎるまで(約28日)ベルブランを使用しても何ら改善が見られなかったら、一度専門のお医者さんに診断してもらうといいかも知れませんね。

 

 

 

びっくり!ベルブランにはこんな意外な効果が・・・!